診療内容


整形外科 リウマチ科

整形外科は運動器(骨、関節、筋肉、末梢神経)の疾患を扱います。
・首、腰、関節、四肢などが痛い、痺れる
・神経痛、リウマチでは?と不安
・怪我をした(スポーツ外傷、交通外傷、労働災害を含む)
・腫れや腫瘍があって心配
このようなとき、整形外科を受診してください

 整形外科は快適な生活を送るために必要な運動機能の回復を図り、また痛みからの解放を目的とした科です。
同じ疾患でも、 人それぞれの生活(仕事の内容、スポーツをしているかどうかなど) を考慮し治療法を決定する、いわゆるQOL("Quality Of Life"=クオリティ・オブ・ライフ) を大切にします。
当院におきましてもQOLの考えのもと、個々の患者様に適した医療を提供するよう、スタッフ一同心掛けております。


首・背中・腰の痛み・歩行障害

頚椎症・椎間板ヘルニア・急性腰痛・脊柱管狭窄症・骨粗鬆症


関節(肩・肘・手指・股・膝・足)の腫脹と痛み

関節リウマチ・変形性関節症・五十肩・痛風

 

手足のしびれ・痛み

手根管症候群・腱鞘炎・アキレス腱周囲炎・頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニア


小児・幼児・学童の整形外科疾患

O脚・内反足・外反偏平足・オスグット氏病・ペルテス病

 

外傷

骨折・脱臼・捻挫・靱帯損傷・切創





リハビリテーション科

理学療法士による徒手療法や筋力トレーニング・ストレッチ等の運動療法。温熱や牽引、電気刺激など物理的な刺激による物理療法を行っています。整形外科で扱う疾患の多くは、適切な運動で症状の改善が期待できます。当院は設立以来、医師の指導のもと、理学療法士が行う運動器リハビリテーションを重視しております。

➡詳しくはリハビリテーションをご覧ください




専門外来(スポーツ外来)

最先端の医療情報を提供すること、分かりやすい十分な説明をすること、スポーツ傷害を抱える方により行き届いた医療を提供すること。これらを目的に部位別に専門家を招いております。 保存治療だけでなく、手術についてもご相談いただけます。
一般診察を受けていただき、医師が必要と認めた方に受診していただきます。

➡詳しくは専門外来担当医師をご覧ください

➡詳しくは専門外来日程をご覧ください




骨粗しょう症 (骨粗鬆症)

骨粗鬆症とは、骨の強度(骨密度と骨質)が低下し脆くなった状態のことです。薬剤の影響で骨粗鬆症になることもありますが、女性の場合、閉経を迎える50歳前後で骨密度が急速に低下することが知られています(原発性骨粗鬆症)。
骨粗鬆症の方が骨折しやすい部位は、背骨(脊椎)、脚の付け根(大腿骨頚部)、手首(橈骨)です。当院では通常、背骨と脚の付け根の骨密度を測定します。
骨密度は本来、成人以降は減少する一方ですので、骨粗鬆症治療は長期に渡ることが多くなります。そのため、無理なく治療継続できるよう、血液検査、年齢、生活状況などを考慮し、相談しながら患者様に最適な治療法を選択していきます。




再生医療(PRP療法)

患者様の血液から成長因子を抽出し患部に注入することで、損傷部位の治癒を促す治療法です。
当院では、セルソース株式会社に製造を依頼するPFC-FD療法をおこなっています。
自費診療、高額な治療となりますが100%の治癒を保証するものではありません。
医師とよく相談の上、ご納得いただけた方を対象とさせていただきます。