リハビリテーション


日常生活活動に対するリハビリ

毎日の生活で、膝や腰や肩などの痛み、重だるさ等の不調は、QOL(クオリティーオブライフ:生活の質)の低下を招きます。

以下、当院で対応している症状例となります。

  • 歩いたり立ったりすると、膝や足の痛みがある
  • 長時間座ったり、寝返りをしたりすると腰が痛い
  • 床や椅子から立ち上がるのが大変
  • 肩が痛くて、洗濯物を干したり髪を洗うのが大変
  • デスクワークで首や肩が痛い 

当院では、仕事や家事など様々な場面での身体の不調に対し、専門の理学療法士が、患者様一人ひとりの状態や生活に基づいたプログラムを立案し、治療を行っています。



スポーツ活動に対するリハビリ

当院では、部活動など本格的に競技スポーツを行っている方、趣味でスポーツ活動を行っている方など、日々のスポーツ活動を積極的に行いたい方の為のリハビリテーションを実施しております。以下、当院で対応している症状例となります。

  • スポーツによる外傷(骨折、打撲、捻挫など)
  • 投球動作やテニスのサーブのように、頭上で行うスポーツ動作による首や肘、肩の痛み
  • 走る、ジャンプなどの繰り返しの動作での膝や腰、足の痛み
  • 痛みなどがあり、テーピング等の方法が知りたい方 

過去の対応疾患

  • シンスプリント
  • オスグッド氏病
  • ジャンパー膝
  • ハムストリングス損傷
  • アキレス腱断裂
  • 膝半月板損傷
  • 腓腹筋損傷
  • 大腿四頭筋損傷
  • 鼠径部通症候群
  • 野球肩
  • 野球肘
  • 肩関節脱臼
  • 肩腱板損傷
  • 膝前十字靭帯損傷
  • 膝内側側副靱帯損傷
  • 膝蓋骨脱臼
  • 足関節骨折
  • 足関節捻挫  など


当院のスポーツに関する考え

スポーツにかかわる症状は早期治療が大切です。

一般的には、ケガによる痛みなどの症状は痛みがなくなるまで安静にするべきと考えられがちです。確かに、安静にすることは重要な要素ですが、ただ安静にしているだけでは、その他の健常な部分の筋力の低下、関節拘縮が起こることがあります。

最短期間での復帰やパフォーマンス向上を目指し、全身の状態を細かく観察しながら、患部と健常な部分ともに、それぞれ適切な時期に適切な治療・管理を行って行きます。





手術後のリハビリ

当院では、他院にて手術をされた患者様のアフターケアとして、リハビリテーションを実施しております。

対応実績のある主な手術

  • 人工膝関節全置換術
  • 人工股関節全置換術
  • 腰椎固定術
  • 膝前十字靭帯再建術
  • 肩人工関節置換術
  • 骨折整復固定術 など


当院からの紹介で手術をされた方

退院後、引き続き当院にてリハビリテーションを実施します。

手術前後の状況やリハビリテーションの内容は、施術をされた病院と連携を取り、情報を共有したうえで治療を行っておりますので、安心して治療をお受けいただけます。



他院にて手術をされた方

退院後の通院が遠くて通えない、家庭での生活を始めたが手術前のように十分に行えない、などリハビリテーションを継続して必要とされる方の治療も行っております。紹介状をお持ちの方は、受付時にご提出ください。




理学療法士紹介






物理療法(機械リハビリテーション)